資料請求はこちら

京都華頂大学

京都華頂大学

第54回名所旧蹟研修会を実施しました

gazou3本学宗教部委員会の行事のひとつである名所旧蹟研修会を実施しました。平成30年12月1日(土)の午後、学生10名、教職員3名が参加し、京都市伏見区にある御香宮神社に参拝しました。

伏見桃山駅よりすぐの場所にある御香宮神社。伏見桃山城より移転されたという立派な表門をくぐり、神社に入りました。

神功皇后を祀り、豊臣、徳川家にわたる尊崇を受けた神社の説明を学芸員様よりお聞きしました。

 

 

gazou1神社名にある御香水の井戸で、手を洗い水を口に濯ぎ、身も心も清浄になりました。

御香宮を後に、商店街を通り西願寺の油掛地蔵尊にお参りしました。

きれいな本堂へ案内いただき、ご住職さまより西願寺の縁起と油掛地蔵尊の由来をお聞きしました。油を掛けると、願いが叶うというお地蔵様。
私たちもお地蔵様に油を掛けてそれぞれお願いをしました。叶えば良いですね。

 

gazou2
西願寺をあとに、最後は歴史的な景観が残る周辺を散策しました。

龍馬通りを通り、寺田屋の前に立ちました。その後は、伏見港公園を目がけて高瀬川を歩いて行きました。季節柄、紅葉の美しさが目に入り、得した気分になりつつ、最後に伏見港公園でみんなで写真をとりました。思う存分伏見を満喫し、帰路につきました。

 

新着情報