資料請求はこちら

京都華頂大学

京都華頂大学

ライフデザインコース

成年期における新しい時代の家族・家庭の在り方を学ぶ

自分の生き方を自分の意志でつくっていくこと、それがライフデザインです。めまぐるしく変化する社会の中で「私らしいライフスタイルを見つけたい」「家庭と仕事を両立させたい」など、いかに自分らしく生きるかが問われています。女性がライフデザインを実現し、生涯に渡って家庭・企業・社会で活躍するためには、与えられた環境に従うだけでなく、そこに存在する課題を発見し、ときには世の中の仕組みそのものを再編成する必要があります。本コースでは、女性が自ら世の中と向き合うために必要な「提案力」や「実行力」を養うため、1年次から少人数制のゼミナールで積極的な学びを展開します。また、「ライフデザイン」という専門的な学問を中心に、多彩な知識・教養が身につく総合的な学びを経験することで、幅広いフィールドで活躍できる人材を育成していきます。

ライフデザインコース 3つのポイント

ライフデザインの観点から衣食住を学ぶ

人間の生涯にわたる成長と生活を総合的にとらえ、家族・家庭の在り方と社会の関係性に注目。

ライフデザインという考え方を基盤に衣食住に関する幅広い分野を学ぶことで、家庭や地域社会づくりに主体的に参加できる人材を育成します。

「社会科学」という独自のアプローチで学ぶ

家政学の基本となる衣食住について、「社会科学」というアプローチで学びを展開。

たとえば「食の科学」の授業では、おいしさや栄養成分などを科学的に学習。

また「服装社会学」では、社会情勢とファッションの関連性について学びます。

4年間を通して、少人数制のゼミで主体的に学ぶ

1回生から4回生まで4年間を通してゼミを開講します。

少人数制のクラスにより、1人ひとりの存在感が際立つ質の高い授業を展開し、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、課題探求能力など、社会で求められる高度な素養を身につけます。

ライフデザインコース 4年間の学びのステップ

取得できる資格 小学校教諭一種免許状(家庭)
高等学校教諭一種免許状(家庭)
図書館司書
フードスペシャリスト
ファイナンシャル・プランニング技能士(支援科目)
上級ビジネス実務士
社会福祉主事任用資格

ライフデザインコース 将来活躍のフィールド

中学校・高等学校教諭(家庭) 衣食住の幅広い知識と家族・家庭に関する深い理解で、生徒を育む家庭科教員として活躍できます。また、公務員や教育産業関連への就職を目指します。
一般企業 製造業、金融・保険、教育・マスコミ、サービス業など、幅広い業種・職種での就職を目指します。また、フードスペシャリストの資格を取得して、人の生活と地域・社会を豊かにする食品や宿泊関連業種への就職も目指すことができます。

ライフデザインコース 先輩インタビュー

現代家政学部 現代家政学科 その他のコース

学部学科・コース