資料請求はこちら

京都華頂大学

京都華頂大学

教員紹介【斧出 節子 教授】

教員名 斧出 節子 (おので せつこ)
職名 教授
学歴 大阪市立大学大学院生活科学研究科生活福祉学専攻(家族社会学)博士前期課程修了
学位 学術修士
担当教科 総合基礎演習Ⅰ
総合基礎演習Ⅱ
ジェンダー論
ライフデザイン論
家族社会学
生活経営学
男女共同参画社会論
子どもの生活
専攻・専門分野 家族社会学、ジェンダー論
研究テーマ・内容 世界各地域における子育て支援や、再生産労働(家事・育児・介護などのアンペイドワーク)のあり方について、また、ワーク・ライフ・バランスについて研究をしています。
所属学会 日本社会学会 日本家族社会学会 など
学外活動 日本家族社会学会専門員
(公財)京都市男女共同参画推進協会評議員
(公財)世界人権問題研究センター登録研究員
研究業績:著書 ・「男の育児・女の育児」(共編)、昭和堂、2008
・「Asia’s New Mothers」(共著)、Global Oriental、2008
・「アジアの家族とジェンダー」(共著)、 勁草書房、2007
・「スウェーデンの家族とパートナー関係」(共著)、青木書店、 2004
・「Worklife Balance: The Agency and Capabilities Gap」(共著)、 Oxford University
 Press、2013
・「未来をひらく男女共同参画」(共著)、ミネルヴァ書房、2016
・現代家族を読み解く(12章共著)、丸善出版、2018
研究業績:論文 ・「未就学児をもつ共働き父親のワーク・ファミリー・バランスの実践ーA.センのケイパビリテ
 ィ・アプローチによる分析の試みー」、京都華頂大学現代家政学研究紀要第3号、2011
・「ドイツにおけるワーク・ライフ・バランス政策の実践ー企業・組合・地域での実践ー」
 京都華頂大学現代家政学研究紀要第3号、2013
・「高度経済成長期における家事・育児の実態と規範竟識・感情 : 高度経済成長期に生きた女牲た
 ちへのインタビュー調査から」世界人権研究センター研究紀要24号、2019
メッセージ 変化が大きい時代です。ひとりひとりのウェルビーイング(しあわせ)を実現するためには何が必要なのかを、主に社会的な視点をもっていっしょに学んでいきましょう。
 

学部学科・コース