資料請求はこちら

京都華頂大学

京都華頂大学

教員紹介【山中 信子 教授】

教員名 山中 信子 (やまなか のぶこ)
職名 教授
学歴 京都市立芸術大学 大学院 音楽研究科 作曲専攻(専攻細目:音楽学)修了
学位 修士(音楽学)
担当教科 卒業演習(論文を含む。)
保育内容(音楽表現)
音楽の基礎(ピアノ・歌)
子どもの音楽Ⅰ
子どもの音楽Ⅱ
初等科教育法(音楽)
子どもの音楽Ⅲ
音楽Ⅳ
専攻・専門分野 音楽学
音楽教育学
研究テーマ・内容 音楽教育における幼小連携
サウンドエデュケーションの幼児教育への援用について
小学校音楽科における現代音楽および邦楽の取り扱い方について
所属学会 日本音楽学会 他
学外活動 京都府保育士試験講習会「器楽(ピアノ実技)」担当(京都府社会福祉協議会)2002年~2007年迄
研究業績:著書 C.P.E.バッハにおける“Sturm und Drang” ―クラヴィーア・ソナタ H.75 第3楽章

ファンタジー ハ短調を中心に ―(単著)平成12年 バロック音楽研究会
研究業績:論文 「『表現』から『音楽』へ―音楽における幼小連携」(単著)2013年『京都華頂大学現代家政学研
 究第2号』
「鑑賞共通教材の功罪」(単著)2015年『京都華頂大学現代家政学研究 第4号』
「ソフィア・グバイドゥ―リナと日本の音楽への視点―箏の作品を中心に―」(単著)2018年
『京都華頂大学現代家政学研究 第7号』
メッセージ 何故幼児教育や小学校の授業に「音楽」が必要なのか、一緒に考え、楽しみながら学んでいきましょう。


学部学科・コース