資料請求はこちら

京都華頂大学

京都華頂大学

【ライフデザイン研究会】「蚊帳の彩展in永運院~日常から抜け出そう!~」を開催しました!!

7月21日(土)「蚊帳の彩展in永運院~日常から抜け出そう!~」を京都市左京区の金戒光明寺内の塔頭、永運院(1591年創建)にて開催いたしました。

20180727_120180727_220180727_3
私たちは、京都西川が創業から現在まで450年以上蚊帳を販売していると知り、永い間日本人の夏の眠りを支えてきた蚊帳に注目しました。様々な視点から“これまでの生活を知り、これからのより良い生活を考える”ことが課題の当研究会では、「蚊帳について知りたい」「蚊帳を知らない世代が知る機会を設けたい」と考え、蚊帳を楽しむイベントを企画しました。

20180727_420180727_520180727_6

20180727_7今回のイベントでは、蚊帳の中の空間は演出によって雰囲気が変わるという特徴を活かし、異なる色(浅葱色・萌黄色・裾ぼかし)の蚊帳を3張用意して、蚊帳の中を全く違う雰囲気に飾りつけ“非日常”の世界を作り出しました。

 

開催直前まで、どのくらいの方に来場していただけるか分からずとても不安でしたが、予想を上回る多くの方にお越しいただき嬉しい気持ちでいっぱいです。

ご来場の方々は、蚊帳の中でお喋りしたり、蚊帳で作り上げた“非日常”の世界を写真に撮ったりして、ゆったり自由に過ごしておられました。

 

20180727_8_2 20180727_9

 

 

 

 

 

 

会場でアンケートのご記入をお願いしたところ、蚊帳に初めて入った方、蚊帳を懐かしく感じられた方、それぞれに感想をお書きくださいました。

・蚊帳を見たのは初めてでしたが、こんなにも可愛く、温かみにあふれる作品になっていてとても素敵でした。(10~20代・女性)
・蚊帳の色がとても素敵で、空間がすごく演出されていました。(10~20代・女性)
・蚊帳の中の装飾に女子学生らしい感性が感じられて良かったと思います。日常を忘れて落ち着くことができました。(30~40代・男性)
・今ではあまり見かけなくなった蚊帳ですが、このように楽しくアレンジして使ってみたら、子どもたちも気軽に家の中で楽しめていいなと思いました。(30~40代・女
性)
・子どもの時に母がつってくれていたのを思い出し、とても懐かしく感じました。(50代~・女性)
・蚊帳の使い方が蚊に刺されない為と違い、空間がおもしろいです。明るく楽しいイメージから幸せを思い浮かべる。大きい花で心がはずみます。(50代~・男性)

20180727_10 20180727_11 20180727_12

 

 

ライフデザイン研究会は、自分たちの生活を見つめ直し、“well-being(より良い生活)”の実現に向けた課題発見と解決の方向性を探ることを目的としています。
今回の企画は、日常から消え去ろうとしているモノに思いを寄せながら、20世紀半ばから今日に至る社会と生活の大きな変化を知り、“well-being(より良い生活)”のあり方について考えを深める機会となりました。
20180727_13

トピックス