京都華頂大学

京都華頂大学

教員紹介【武曾 惠理 教授】

教員名 武曾 惠理 (むそう えり)
職名 教授
学歴 京都府立医科大学医学科専門課程修了
学位 京都大学医学博士
担当教科 病理病態学Ⅰ
病理病態学Ⅱ
解剖・生理学Ⅰ
解剖・生理学Ⅱ
医学の基礎知識
公衆衛生学Ⅱ
専攻・専門分野 内科学一般/ 腎臓病学/ 免疫病理学/ 脂質代謝学
研究テーマ・内容 ・腎炎・ネフローゼ症候群の発症メカニズムの解析、病理診断と治療研究/ ・糖尿病を含む難治性ネフローゼ症候群の脂質異常症の解析とアフェレシス療法による治療研究/ ・難治性血管炎の発現進行のメカニズム解析と治療に関する日・欧・米による国際共同研究/ ・慢性腎臓病(CKD)への看護師、薬剤師、管理栄養士とのチーム医療による進行阻止効果の 研究と我が国における診療システム構築/ ・男女共同参画にむけた多様性をはぐくむ要因の解析とその実現の探索研究

\こういう研究・授業をしています/
総合内科医師(特に腎臓内科専門)で、医学研究を行いつつ、病院の臨床現場では患者さんに寄り添って、看護師、管理栄養士、薬剤師、地域の先生がたとチーム医療を行っています。
本学では、解剖生理学、病理病態学、公衆衛生学を通して、医療の現場で栄養士、管理栄養士として身に着けているべき知識を、患者さんからの目線で学ぶことを薦めています。女性の社会での活躍のためにも、この大学で大いに力を付けられるように授業をすすめます。
また、介護福祉士をめざす方に「医学の基礎知識」の講義もして、身体全体の仕組みとその病態の現れ方、さらにリハビリテーションを含む治療の方向性の教育もしています。
所属学会 日本内科学会/ 日本腎臓学会/ 日本透析医学会/ 日本循環器学会/ 日本糖尿病学会/ 日本病態栄養学会/ 日本高血圧学会/ 日本移植学会/ 日本アフェレシス学会/ 日本病理学会/ 国際腎臓病学会/ 米国腎臓病学会/ 欧州腎臓病学会
学外活動 日本腎臓学会理事:平成22年4月〜平成28年6月/ 日本腎臓学会:COI委員会委員長/ 日本内科学会近畿支部評議員/ 日本移植学会代議員/ 日本女性腎臓病医の会(JSWN)代表世話人/ 財団法人大阪腎臓バンク評議員/ 関西腎不全研究会代表世話人/ 京都府立医科大学非常勤講師(人権教育)/ 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院客員研究員/ 日本バプテスト病院腎臓内科嘱託医/ 関西電力病院腎臓内科診療顧問
平成6年度~8年度 文部科学省科学研究費補助金研究C「女性研究者の活力発揮に寄与する7つの要因評価法(セブンシーズ)の有用性の確立」研究代表者
研究業績:著書 ・「わかりやすい内科学」第3版 文光堂 編集委員(2007)
・「京都大学男女参画への挑戦」明石出版 分担執筆(2008)
・「アフェレシスマニュアル」改訂第3版 日本アフェレシス学会 分担執筆(2009)
・「腎生検・病理診断-臨床と病理の架け橋」腎と透析 分担執筆 (2017)
・エキスパート管理栄養士養成シリーズ「臨床病態学」第I版11刷 化学同人 分担執筆(2017)
・IgA腎症の臨床 東京医学社 分担執筆(2018)
・「ANCA関連血管炎に伴う腎障害」:今日の疾患辞典 株式会社プレシジョン 分担執筆(2020)
・「エビデンスに基づく急速進行性糸球体腎炎(RPGN)の診療ガイドライン2020:ANCA関連腎炎の治療」 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業難治性腎疾患に関する調査研究班 編集 東京医学社 分担執筆(2020)
・武曾惠理「一次性ネフローゼ症候群Q:巣状糸球体硬化症成人患者の標準的治療法はどのように行いますか」腎臓病診療Q&A AKI~CKD~腎難病まで 山縣邦宏監修 東京医学社 pp213-215 2021,5発行
・武曾惠理 解説:LDLアフェレシスをどのような症例に検討するか 腎臓内科14(3):371-382 2021
・武曾惠理「地震と腎臓」特集「環境と腎臓」:腎臓 44号 33-37 2022.3.15発行
・「腎疾患領域におけるアフェレシス:難治性ネフローゼ症候群に対するLDLアフェレシス」:特集:さまざまな領域で活躍するアフェレシス 腎臓内科Vol 18 科学評論社 通巻104号139-149 2023.8.28発行
・武曾惠理「吉岡彌生賞受賞のことば」日本女医会誌  復刊第249号pp3 2023.9.25 発行
研究業績:論文 ・Muso E, Ito-Ihara T, Ono T, Imai E, Yamagata K, Akamatsu A, Suzuki K.:Intravenous immunoglobulin (IVIg) therapy in MPO-ANCA related polyangiitis with rapidly progressive glomerulonephritis in Japan. Jpn J Infect Dis. 57(5):17-8(2004)
・Tanaka M, Yamada S, Iwasaki Y, Sugishita T, Yonemoto S, Tsukamoto T, Fukui S, Takasu K, Muso E.:Impact of obesity on IgA nephropathy: comparative ultrastructural study between obese and non-obese patients. Nephron Clin Pract. 112(2):71-8 (2009)
・Muso E, Okuzaki D, Kobayashi S, Iwasaki Y, Sakurai MA, Ito A, Nojima H.:Ficolin-1 is up-regulated in leukocytes and glomeruli from microscopic polyangiitis patients.Autoimmunity. Dec;46(8):513-24 (2013)
・武曾惠理:~男女共同参画委員会より~ 学会での男女共同参画活動の展望 -日本腎臓学会からの提言- 肝臓 vol.55 no.7 一般社団法人日本肝臓学会 pp.413-417 ( 2014.)
・Tobino K, Muso E, Iwasaki Y, Yonemoto S, Kasuno K, Tsukamoto T, Nakamura H, Tomino Y.:Gender- and disease-specific urinary thioredoxin in chronic kidney disease patients with or without type 2 diabetic nephropathy. Nephrology (Carlton). May;20(5):368-74.(2015)
・Muso E, Mune M, Hirano T, et al : A Prospective Observational Survey on the Long-Term Effect of LDL Apheresis on Drug-Resistant Nephrotic Syndrome. Nephron Extra.29;5(2):pp58-66 ,(2015 )
・武曾惠理:特集/腎臓病療養指導とチーム医療:「腎臓病療養指導とチーム医療」特集に寄せて:日本腎臓学会誌 57(5),p804-805,(2015,)
・武曾惠理、垣田浩子:総説 多彩な原因疾患による難治性ネフローゼ症候群に対するアフェレシス療法の効果-現況と今後の展望-:日本アフェレシス学会誌 37巻1号 pp24-34(2018)
・Handa T, Kakita H, Tateishi Y, Endo T, Suzuki H, Katayama T, Tsukamoto T, Muso E:The features in IgA-dominant infection-related glomerulonephritis distinct from IgA nephropathy:a single-center study:Clinical and Experimental Nephrology Published online:21 March (2018)
・武曾惠理:特集「IgA腎症―診断・治療の最新動向―」IgA腎症の治療学 7.抗血小板・抗凝固治療:日本臨牀 第77巻・第4号 pp696‐702(2019.)
・Saito T , Muso ,E et al Apolipoprotein E-related glomerular disorders :Kidney Int. Feb;97(2):279-288 2020
・Uno K., Muso E. et al. Impaired HVJ-stimulated Interferon producing capacity in MPO-ANCA-associated vasculitis with rapidly progressive glomerulonephritis lead to susceptibility to infection」Cytokine. Dec;136:155221. 2020
・Wada T., Hara A, Muso E, et al .: Effects of LDL apheresis on proteinuria in patients with diabetes mellitus, severe proteinuria, and dyslipidemia. Clin.Exp.Nephrol. 25.1-8, 2021
・Muso E, Sakai S, Ogura Y, Yukawa S, Nishizawa Y, Yorioka N, Saito T, Mune M, Sugiyama S, Iino Y, Hirano T, Hattori M, Watanabe T, Yokoyama H, Sato H, Uchida S, Wada T, Shoji T, Oda H, Mori K, Kimura H, Ito O, Nishiyama A, Maruyama S, Inagi R, Fujimoto S, Tsukamoto T, Suzuki Y, Honda H, Babazono T, Tsuruya K, Yuzawa Y. Favorable therapeutic efficacy of low-density lipoprotein apheresis for nephrotic syndrome with impaired renal function Ther Apher Dial. 2021 May 31. doi: 10.1111/1744-9987.13694. Online ahead of print/
・Muso E, Kakita H, Suzuki H, Tsukamoto T. Updated evidence of beneficial effect of LDL apheresis for refractory nephrotic syndrome due to a variety of causative diseases for nationwide and global approval Ther Apher Dial . Dec;27(6):987-999 2023
メッセージ いよいよ感染症の制限から解放されて、学生生活を対面で充実できる環境が整いつつあります。一方、世界の情勢や女性を取り巻くいろいろな社会情勢は必ずしも楽観できるものばかりではありません。社会に出る前の大事なこの時期を、多くの友人や先生方との関係を築きながら、視野を広げ、力を蓄える時期としてください。